場所が変われば、発想が変わる。会社が変わる。さあ、社員を連れて外に出よう。

アウトドアで働き方改革ならスノーピークビジネスソリューションズ

OSO/TO outdoor small office / Third Office
ワークスタイル革命のための、3つのアクション。

オフィスを変える オフィスワーク

ホームとなるオフィスの役割と重要性はこれからも
変わることはありません。
斬新で居心地のいい空間が、会議やコミュニケーションの
あり方そのものを変えてくれます。

働く場所を変える テレワーク

新しい働き方を推進するためのIT基盤を携えて
まずは一歩だけ外に出てみましょう。
在宅ワーク、モバイルワークを推進するためにも
ワクワクするアクションが大切です。

つながり方を変える リレーションワーク

効率化のためだけの仕組みや報連相ではなく、
「人」と「人」が心地良くつながる
コミュニケーションを促進することで
「個」が成長し「チーム」が結束します。

OSO/TO outdoor small office / Third Office
7つのメリット
  1. クリエイティブアイデア

    風や雲や太陽の光や星空が、仕事にたくさんのインスピレーションを与えてくれます。いつもの会議室では出てこない、クリエイティブなアイデアが生まれます。

  2. チームビルディング

    テントを立てる、火を起こす、料理を作る、みんなで味わう…あらゆる作業を共にして、太陽と星空の下で同じ時間を過ごすことで、チームは一つになり、強い絆が生まれます。

  3. ビジョンシェアリング

    自然の中での開放的なディスカッション、焚火を囲んでの熱いトークは、肩書を超えて本音を出し合える絶好の機会。会社のビジョンと社員一人ひとりの想いを一致させてくれます。

  4. クラウドリテラシー

    テクノロジーの進化を認識し、それに対応できる人財が企業にイノベーションを起こします。若い人財が活躍するためのIT基盤の整備と活用のきっかけになります。

  5. モラルエデュケーション

    使ったものをきちんと片付ける、足りないものは補充するなど、次に使う人のために何をしておくべきかを考える機会が、普段の仕事のクオリティを上げてくれます。

  6. ウェルフェアプログラム

    社員とその家族がテントや道具を週末に使うことで、福利厚生としても活用できます。また社内合宿所や、研修施設を保有するよりも大幅にコストダウンできます。

  7. クライシスマネージメント

    キャンプは楽しく防災スキルを身につける最良の方法です。BCPが叫ばれる中、テントやキャンプ道具を所有することは、災害時に企業活動を継続するための備えにもなります。