コミュニケーションツール「インタラクティビジョン」の開発秘話

インタラクティビジョンの開発は、 新しく拠点を増やしたときの原体験が元になっています。​

心から欲しいと思ったものをつくる。​
自らがユーザーとなって開発した​
インタラクティビジョンのストーリーを​ 当時の思い出とともに語ります。​

スノーピークビジネスソリューションズ
代表取締役 村瀬 亮

はじめての支社

創業16年目の2015年は、まさに変化のはじまりの年だった。 これまで築き上げてきたチームと、整えたサービスを手に、いよいよ次のステージへ飛び出していく。 そのためにも、新しい市場を開拓できる拠点が私は欲しかった。 しかし、ひとつ屋根の下で共に働き、苦楽を共にしてきた仲間でさえも、 オフィスが離れればどうなるか? コミュニケーションの機会は確実に減り、次第に関係性も遠のいていくのだろう。 そう思うと、何とも言えない寂しさが胸に広がった。​

築き上げてきた関係性は、ここまでなのか。 人数や規模が大きくなれば、仕方のないことなのか。​ 仮にそんな日が訪れるとしても、まだやれることはあるはずだ。​ 離れたオフィスとオフィスをなんとしてもつなぎたい。 そんな想いに駆られて私はアイデアを練り始めた。​

どうやったら
オフィスがつなげるのか​

オンライン会議ツールを応用する方法はすぐに思いついた。 「常時接続」すれば、いつだって会話もできる。​

ただ困ったことに、画面サイズを大きくしただけでは臨場感がないどころか、 デジタルの無機質さが際立ってしまうのだ。​

一体、どうやったらモニター越しの世界に人やつながりを感じられるのだろうか。 そもそも、デジタルとアナログのコミュニケーションにおいて、
“何かが違う”と感じるのはなぜなのか。​

一つは「等身大」だ。 投影される相手が大きすぎたり、小さすぎたりすると、 リアルな世界とは別世界のように感じてしまう。​

もう一つは「立体感」だ。 2Dの映像ではリアルは感じられない。 私たちは3Dの世界に生きているからだ。​

カメラの位置を工夫すれば、等身大の映像は投影できる。 問題は、どうやって立体感を出すか。​

そこで目をつけたのが、スクリーンを90度の角度に設置し、 超単焦点のプロジェクターを2台使って投影する方法だ。​

これなら疑似的に立体感を創り出すことができる。 私は試行錯誤を重ね、開発を急いだ。​

つながったオフィス​

いよいよ、本社と支社をつなぐ日がやってきた。​ 幾度となくテストを繰り返し、モニター越しに見えた臨場感のあるオフィスに、手ごたえも感じている。 ​これならいけるはずだ。しかし、社員のみんなはどう感じるだろうか。​

期待と不安を胸にシステムを起動すると、遠く離れた拠点のオフィスが目の前に広がり、 モニターの向こうに良く知っている顔ぶれが見えた瞬間、心がじんわりと温かくなるのを感じた。​

みんなは不思議なくらい笑顔で、 なぜか一生懸命に手を振っていた。​

一緒のオフィスにいるときと 何ら変わりないこのやり取りに、 まるで同じ空間にいるような錯覚さえ感じる。​ もしかしたら、これはとてつもない 可能性を秘めたツールかもしれない。​

仕組みの改善点はまだまだある。 しかしこの瞬間、物理的な距離を超えて、 間違いなくチームは一つになった。​

離れたオフィスの
「気配」を感じる​

よりリアルなコミュニケーションを実現するために仕組みを改善し、 専用台に滑車をつけて移動できるタイプも開発できた。​

さて、この仕組みにはどんな名前を付けたらいいだろう。​

インタラクティブなコミュニケーションができて、お互いの様子=ビジョンが常に共有できるから… そうだ、「インタラクティビジョン」と命名することにしよう。​

インタラクティビジョンは、離れたオフィスの気配を感じることができるコミュニケーションツール。 用事がある時だけつなぐオンライン会議とは、全く異なる性質を持つ製品だ。​

もし、物理的な距離と共に、心の距離が離れ、人とのつながりが切れてしまったら… その関係修復にかかる時間とコストは計り知れず、 気がついたときには手遅れになってしまう可能性だってある。​

そんな組織課題にインタラクティビジョンが寄り添えたら、これほど幸せなことはないだろう。​

インタラクティビジョンの お問い合わせ​

インタラクティビジョンに関するご相談をされたい方、資料をご希望の方、購入されたい方は、 下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。​

製品概要はこちら​

INTERACTIVISION CASE​

まずはオフィスを​
見学してみませんか?​

  • osoto
  • osoto
  • osoto

MEMBERSHIP

企業・法人向けサービス

無料会員に登録すると、
会員価格での購入や、
最新情報を得ることが
できます。